読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑ゥせぇるすまん

最近アニメでリメイクされている『笑ゥせぇるすまん

 

旧版がアベマでやってるので最近見ている。

アニメも漫画も、小さい頃は「怖いけど好き」だった。

元々「世にも奇妙な物語」が好きだからこういうブラックな短編が好きなんだと思う。

子供の頃の印象だと、旧版アニメは夏に見ていたイメージがある。

セル画独特のドロ〜っと重く暗い色を基調に、たまに入るビビッドな色と実写が相まって少しサイケデリックな雰囲気もあった。

 

アベマで見るとデジタルリマスター版なのか、すごく画質が良い。

ゴミや塵が入って無くてクリアーな画面なのでだいぶ印象が違って見える。(まあ大人になってから見れば見方が変わるのは当たり前だけど)

 

で、ここからが本題なのだけれど

第5話『47階からの眺め』

展望台の望遠鏡でのぞきをする男を喪黒がけしかける、いわゆるストーカー話なのだが…

ほんの一瞬新聞が写るシーンがあり、その紙面が「綾子ちゃん事件」を手書きで妙に細かく描いていた。

このアニメは他でも新聞などよく映すが、だいたい適当な(本物の?)紙面を切り貼りしている事が多い。

サブリミナルとは言わないが、こういうちょっとした所で「本当に怖い」雰囲気を出してたのかな…と大人になって見たらちょっとぞっとした。